山上水産の佃煮について

山上水産の「かつお角煮」「まぐろ角煮」

 

山上水産は魚の町焼津で長年「かつお・まぐろ」の佃煮を製造してきた会社です。

とりわけ「かつお角煮」「まぐろ角煮」は生の魚を一口サイズにする原料処理からつゆがなくなるまで煮込んだ後の煮返しまでの全工程を手づくりで行う焼津伝統製法の佃煮です。味においても鰹・鮪の旨みを大切にし、ご飯や酒の味わいが深まるよう醤油(地元産)と砂糖、生姜(国産)だけで調整し最もシンプルな甘辛味に仕上げてあります。一粒一粒噛めば噛むほどかつお、まぐろの旨みが甘辛味の醤油の奥から味わえます。

この作り方は、まだ冷蔵庫や添加物が身近になかった時代地元焼津で日持ちのする美味しい鰹・鮪料理として親しまれていた作り方を受け継いだ角煮であり現在では地元でも数少ない伝統色豊かな佃煮です。

かつお角煮・まぐろ角煮一口メモ

物が不足していた戦後の時代魚は当時の人々にとって貴重なタンパク源でした。近海、沖合い漁が盛んだった焼津では、漁師さん達は漁から帰ると「お菜分け」と言って水揚げした魚の一部を分けて持ち帰る風習がありました。持ち帰った魚は親戚、隣近所にも分けました。冷蔵庫や保存料などの添加物はまだ身近にはなかった時代、どの家庭でも魚は自宅でさばき、鮮度のよい内は生で食べ、食べきれないものは塩漬け、干物、佃煮にしました。なかでも、鰹、鮪は地元醤油と砂糖、生姜を使って汁がなくなるまでコトコト煮込み好みの味の角煮にして鰹、鮪料理の一品として親しんできました。山上水産の「かつお角煮」「まぐろ角煮」は地元家庭料理で身近にあった角煮を受け継いだ醤油、砂糖、生姜のシンプルな甘辛味の地元色豊かな佃煮です。

 


かつお角煮 まぐろ角煮 うなぎ佃煮販売店のご案内


所在地:焼津市石津港町11-1

TEL:0120-54-0622

FAX:054-623-0622